TOP >> 週末の旅人

九州・桜咲くツーリング

九州日田 桜咲くツーリング
日田市内にある枝垂れ桜【
九州熊本・吉無田水源 桜咲くツーリング
熊本県・吉無田水源付近【
九州熊本・吉無田水源 桜咲くツーリング
川沿いに桜が咲いていたので
 いつもより早く寝た時間だけ朝早く目覚める。 予定よりも早く太陽が昇ると同時に出発する。
 春になり九州ではポカポカ陽気が続いているといっても。 やはり、3月なので早朝は真冬のように寒い。 冬用のスタイルで出発したが、峠では手がかじかんでいた。

日田市内に入り、コンビニでホット茶を飲みながら休息を取って再出発。 日田市弓道場の横で、枝垂れ桜を発見。 立派な枝ぶりだけど、どうも民家のようなので、手前の歩道にバイクを止めて、記念写真をとって 奪取で逃げる。

一品街【】の手前から「スカイ・ファームロードひた」に入り、熊本県の県境から「ファームロードWAITA」に移って瀬の本へと向う。 体に疲れが残っているのか、注意力が低下すると、ふらりん...どき,どきを繰り返す。
そういえば、小石原峠を抜けてからは、数台の車に道を譲ってもらうだけで、ほとんど、一人っきりで走っている。 意外とバイクが少ないことに驚く。 黒川温泉付近を桜はまだ、まだ、まだかいな?なんて思いながら抜けていくと、観光客ようの駐車場が増えていた。 朝早く黒川に訪れても観光客が多く、駐車場待ちが長かったのを解消するために増やしたのかな?
 黒川でバイクに給油して瀬の本へ。 瀬の本は走りやタイプのライダーが大勢、たむろしていた。 地元というか、近い、方々は羨ましいななんて思いながら....スグサマ、出発する。

阿蘇神社の前を通り過ぎ、高森温泉は帰りに寄ろうなんて思いながら、白水村の一心行の大桜【】に立....桜の花はつぼみ状態だったので、停車せずにそのまま、グリンロード南阿蘇へと走り始める。
山焼きが終った後の風景は、ちょっと寂しげですが、怖いぐらいに視界が良い。 高い所が怖い病の私はコーナーの度に崖下を見入ってしまって...危なかった。 そう、そう、この頃になると熊本ナンバーのツーリング団体を見かけるようになる。
地蔵峠までは、耶馬溪を思わせるような風景もちらほら、遠くには阿蘇が見えて、山間を走る阿蘇ツーリングのイメージそのものかな?
地蔵峠では登山客の車を避けてゆっくりと走るけど、視界が開けると牧場の中を走り抜ける道路に変る。 草原の小高い山が消えて、坂道が強くなっていくと、遠くに熊本市街地が目に飛び込んで来る。 太陽に照らされた国体道路というか、パークドーム熊本等は、銀河を航行する宇宙船のようにピカピカと目に飛び込んで来る。
九州熊本・霊台橋 桜咲くツーリング
霊台橋【
九州熊本・霊台橋 桜咲くツーリング
霊台橋近くの展望台入口にて
九州熊本・霊台橋 桜咲くツーリング
霊台橋の国道側より


阿蘇を走る

石橋と桜

通潤橋へ