TOP >> 週末の旅人

とことこ宮崎・めぐり旅

宮崎綾町編
綾町で馬のオブジェを発見
木城えほんの郷 宮崎編
川原ダム【
木城えほんの郷 宮崎編
石河内小学校【
翌朝もゆっくりと起きて、手つくりのパン。野菜などを頂く。ゆっくりとしながら朝食を食べる。
 胃腸の調子が良かったので、昨晩は飲みなれない人が飲むのは?なんて思っていたハーブティーを頂く。
やさしい味わいで、ハーブティーを始めて美味しいと思った。  砂糖などを入れていないのに、ほんのりと柔らかい甘さを感じた。

出発する前に絵本を読んでからと思いながら時計が出発を催促していた。
 う〜ん、悩みながら9時に出発する。

以前、宮崎市周辺は十分に観光したので、心残りのある観光地を巡ることにした。
 西都を通り過ぎて、ひむか神話街道をパスして、川原自然公園から「木城えほんの郷」の案内板を頼りに、おまるかわ沿いに山奥へと進む。
 案内板は石河内小学校を指していたが、ホームページで見た施設がない。
木城えほんの郷 宮崎編
えほんの郷【
木城えほんの郷 宮崎編
森の絵本館
木城えほんの郷 宮崎編
水のステージ

木城えほんの郷 宮崎編駐車場に車を止めて、廃校になった小学校を利用した施設かな?なんて思って、周辺を散策するけど....今回も閉まっているのか(ノT)
なんて、思っていたら、道の上に方で人気がする。

この周辺でも散策しようと登っていくと、小学校の裏手に絵本の里があった。(^^ )よかったぁ〜
早かったのか、オープン前の掃除中といった感じでしたけど、自然に調和するように立っている施設に入ると、絵本の原画?がパネルになっていて壁にそって歩くと絵本が読める感じになっていた。
一番奥の森のえほん館は、幼稚園の図書室に迷い込んだ感じで、子供の頃、初めて幼稚園に行った、ドキドキ感を思い出した。
  そう、そう、このときは私一人でしたけど、図書室を散策していると、宮崎 駿監督作品の「おもひでぽろぽろ」のような感じで、
 私一人しかいなかったけど、元気な子は喜んで走り、大人しい子は床に寝転んでいる光景が見えた。
テラス側をのぞくと、森の絵本館側が舞台になって、
 木々の下には木の椅子が、絵本の朗読とかするのかな?
なんて思っていたら、夜に化学発光体サイリュームを使ったペンライトをもった子供たちが影絵芝居を見ている風景を想像してしまった。 ひょっとしたら、森の妖精たちが.....
ん〜、昨日の宿といい、絵本の里といい、子供の頃のじぶんをつれて旅をしている感じ.〃^_^〃
 浪漫旅が好きな人間が集まって、綾町のきねずみや木城・えほんのさとに旅をするのも素敵だななんて思いながら、ここを後にする。
木城えほんの郷 宮崎編
川原ダムの風景
木城えほんの郷 宮崎編
木城えほんの郷 宮崎編


木城

美々津

五ヶ瀬川

高森