TOP >> 週末の旅人

松江・安来ふらり旅

八重垣神社
鳥居
八重垣神社・「八雲立つ...」の歌碑
「八雲立つ...」の歌碑
八重垣神社
八重垣神社
八重垣神社・夫婦椿
夫婦椿
 翌朝は、いつもの旅の朝のようにAM6時に目が覚めて、朝風呂でくつろぐ。  窓辺から見える宍道湖は靄がかかっていて、夢心地だった。
ビジホの朝食を頂いて、平日だったら通勤ラッシュが始まる頃に街中を抜け、住宅街で迷子になりつつも八重垣神社に到着する。
 朝が早いのに神社は綺麗に清掃されていて、気持ちよく神社を参拝して、いわれのある物を見て回る。
※この神社にある「縁結びの糸」、白い糸を男、赤い糸を女の服に結んでいると、二人は結ばれるそです。
そう、そう、この神社の名前の由来は、「八雲立つ出雲八重垣妻込みに八重垣造る其の八重垣を」の和歌からだそうです。
 神社の名前は知らなくても、小さい頃に聞いた物語....素盞嗚尊(すさのおうのみこと)が出雲を放浪中に八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した話を知っていますよね?
その後に命を救った稲田姫命と夫婦となって、ここの神社を建てて住んだそうです。
現世で初めての結婚という事から、この神社は縁結びの大神として祭られているそうで、写真を撮っていると朝も早いのに祈願をしている姿をちらほらと見かけました。
そういえば縁結びというと出雲大社が有名ですが、大国様を祭っているので、どちらかといえば生きて行くために必要な人と人の縁を結んでくれる神様だそうです。 まあ、友人や親友との巡り合わせになるのかな?
そして八重垣の神様同士がこの地上で夫婦となられたと言う事で、男女の縁を結んでくれるそうです。
さて、さて、神社での参拝を終えて、熊野大社方面からファームロードを走り抜けて足立美術館へ
八重垣神社
小さな祠も一緒に
八重垣神社・鏡の池の縁結び占い
鏡の池
八重垣神社・鏡の池の縁結び占い
縁結びの占い
八重垣神社
ここにも歌碑...歌が好きな神様みたい
八重垣神社
ユニークな手酌
八重垣神社・子宝椿
子宝に恵まれる? 夫婦椿


八重垣神社

足立美術館
その1

足立美術館
その2

和鋼博物館

堀川めぐり
その1

堀川めぐり
その2

松江城

帰路